ニキビ原因

ニキビの原因は?

余分な古い角質が皮膚表面からはがれることができなくなると、
徐々に角質層が厚くなり毛穴をふさいでしまいます。

 

そして皮脂が外にでることができなくなって、皮脂線の中にたまりはじめます。
これがニキビのでき始めなのです。

 

白ニキビとは、毛穴が閉じている状態で皮脂がたまったニキビのことで、
肌の表面に白いポツポツとした膨らみができます。

 

そして黒ニキビは、毛穴が開いてその中に皮脂と古い角質とが交じり合った汚れがたまった状態のニキビです。

 

そして赤ニキビはもっともニキビが悪化した状態です。

ニキビレーザー治療方法の種類

ニキビの治療に用いられるレーザー治療には様々な種類があります。

 

Co2レーザーは中でも代表的なものです。
Co2レーザーは、水分に反応する赤外線を当てることによって、熱エネルギーに変わって皮膚を焼くという治療法です。

 

メスを入れることに比べると出血も少ないので、レーザーメスとしても使われているのです。
ニキビだけでなく、ホクロやシミ、シワの改善にも使われている治療法です。

 

ニキビ跡の治療としてco2レーザーを受けると、ほてりが1〜2か月続きます。
より改善を望むのであれば、治療は1回で終わりにするのではなく、2回3回と繰り返し行うのがよいでしょう。

ニキビとアクネ菌

アクネ菌というニキビに関係する菌の名前をご存知でしょうか。

 

最近はテレビのコマーシャルなどでもよく耳にするので、知っている人は多いかと思います。
皮脂やアカが毛穴に詰まってできた黒ニキビや白ニキビにアクネ菌が増殖すると、炎症が起きてしまい赤く腫れます。

 

つまり黒ニキビや白ニキビを悪化させるのが、アクネ菌というわけです。
アクネ菌は誰の肌にも存在する菌で、ある特徴をもって・・・